3万円キャッシュバックキャンペーン
【 浅草神社挙式×波むら披露宴 神社結婚式プラン 】
15名様 745,000円(税・サ別)
「三社さま」として親しまれている浅草神社。元来三人の神様をお祀りしたことからそのように呼ばれ、都内最大級のお祭り「三社祭」でもその名は全国規模となっています。社殿は、本殿、幣殿、拝殿からなり、幣殿と拝殿が渡り廊下でつながれている、いわゆる権現造りと呼ばれる建築様式で、日光の東照宮などがこれにあたります。第三代徳川将軍家光公により、建立寄進された社殿は 350年たった現在も当時の面影をそのままに。昭和26年に国の重要文化財に指定され、現在も国家の保護を受け現在に至っております。重厚な漆塗の社殿は一度訪れたら忘れられないほど荘厳な佇まいを醸し、その重要文化財にも指定されている社殿での挙式は、大変厳かで優美な形式を現在にも伝える、極美な結婚式を現実のものとします。

【含まれるもの】
神前挙式、会場使用料、お料理(着席懐石コース)、洋髪ヘアメイク1点(リハーサル含む)、着付け(和装)、和装セットプラン(白無垢中心に・打ち掛け・黒引き振袖から一点・紋服一点)、プロデュース料
※洋装セットプランはオプションとなります。
※1名様追加ごとに23,000円〜/40名様迄

【 牛嶋神社挙式×波むら披露宴 神社結婚式プラン 】
15名様 745,000円(税・サ別)
貞観二年(860年)創建。本所地区の総鎮守で、墨田区のほぼ南半分と大変広い地域が氏子となっています。御祭神は須佐之男命、天之穂日命、貞辰親王命。社殿は総檜権現作りの荘厳にして風格のあるもので、本殿前の木製の鳥居は、中央の鳥居の左右に小さい鳥居の付いた三輪鳥居。江戸時代より牛嶋神社は「牛御前」と書かれ、その名の通り古くから牛にまつわる信仰があります。本殿に向かって右側には「撫牛(なでうし)」があり、自分の体の悪い部分と同じところを撫でると治ると言われています。5年に一度、十ヶ町の神輿が連なって神社へ 宮入を行う例大祭が有名。 丸一日かけて総勢50基が神社に向かう、日本でも有数の祭りの一つとして挙げられています。全てにおいて現在も古くからの様式は変わらず、東京屈指の大社殿で執り行われる神前式。古き良き時代を彷彿させる由緒正しいお式が叶えられます。

【含まれるもの】
神前挙式、会場使用料、お料理(着席懐石コース)、洋髪ヘアメイク1点(リハーサル含む)、着付け(和装)、和装セットプラン(白無垢中心に・打ち掛け・黒引き振袖から一点・紋服一点)、プロデュース料
※洋装セットプランはオプションとなります。
※1名様追加ごとに23,000円〜/40名様迄


料亭 波むら

おもてなしの心を細部まで散りばめた日本文化の縮図 「料亭 波むら」 / 〒131-0033 東京都墨田区向島 2-15-8
Copyright(C)2011 Namimura-W. All Rights Reserved